福岡にある博物館と美術館

福岡県立美術館

1964年開館の福岡県文化会館をリニューアルし、1985年にスタート。
青木繁や坂本繁二郎の力作、福岡藩御用絵師とされていた尾形家の絵画記録、これ以外に久留米絣や九州古陶磁など、福岡県と関連する美術品を主体として収蔵しております。
この他には、開放気分も出てくるガラス窓をあわせ持った喫茶室は、隣接する公園から直々に入ることが可能なんです。
美術品だけでなく、美術に関わる本や雑誌を置かれているので、美術に親しんだり学んだりする場所としてはここ福岡でも最適な施設の一つになるでしょう。
ここ最近は子供たちのためにワークショップなどのイベントも頻繁に開催されるようになりました。
福岡市中央区天神5丁目2-1

 

九州国立博物館

福岡県の大宰府に建てられて国立の博物館です。
国立の博物館は日本には4つしかないという大変重要な博物館といえるでしょうね。
100年超の歴史を持つ東京・京都・奈良の3つの国立博物館が美術系博物館だろうと比較して、九州国立博物館は歴史系博物館という立場でスタートした。
九州が国内においてのアジア文化というアプローチの貴重な最前線とされていた歴史的なその上地理的バックグラウンドを受けて「日本文化の影響をアジア史的角度から考える博物館」を基本スローガンに、旧石器時代より近世末期(開国)迄の日本の文化の生成ということを揃えています。
加えて、アジアエリア様々な場所という文化交流を推し進める本拠地としての任務も付けて建設していることが要因となり、アジア各地域の人種美術の公開が実施されてたり、リアルで試すことができることになっています。
福岡県太宰府市石坂4-7-2

 

福岡市美術館

福岡大濠公園内にある美術館です。
美術館は1979年にオープンしました。所蔵品はおよそ16,000点を超えています。
しかも、毎年30回程度展示替えを行っていますので、何度来訪しても来館者を楽しませてくれます。
収集品はトータルで約1万4千点といわれていますが、其のうちの48点が重要文化財に指定されているものなんだそうです。
また常時仏像を展示している美術館として重要な役割りを果たしていて、日本だけでなくアジア地域の古美術品のコレクションにも力を入れてきた美術館なんです。
近代美術の収集にももちろん行っていて、中でもダリ、ミロ、シャガール、デルヴォーといった近代画家の作品もコレクションしてきたそうです。
福岡市中央区大濠公園1-6

 

福岡アジア美術館

福岡は古来からアジアと日本との交易窓口としての役割りを担ってきました。
そういった歴史的背景から今後もアジアとの交流を積極的に担っていく役割りがあることからその取り組みの一環として1999年に開館しています。
福岡アジア美術館は世界でたった一つアジアの美術作品をシステマティックに集めている美術館といえます。

 

福岡市博物館

最初からあった福岡市歴史資料館が狭くなってきたことから、新しく1990年にオープンしました。
展示コレクションには金印と言われている漢倭奴国王印や福岡に関係している歴史的資料がメインに所蔵しています。
また福岡市内にある遺跡から掘り出された貴重な品々、福岡藩主であった黒田家の武具や古文所などもあります。

関連ページ

福岡観光の穴場スポット
福岡の観光スポットはたくさんあるのですが、その中でも穴場的な場所をピックアップしています。穴場だから有名なところよりも混雑がないので、ゆっくりと楽しむことができるでしょう。
福岡にあるいろんな施設
福岡にある文化施設やスポーツ施設の情報を少しだけ集めてみました。これからも少しずつ情報を追加していきますので、よろしく!
博多の祭り
福岡市とその近郊では一年中いろいろなお祭りが行われています。全国から観光客が押し寄せてくる有名なものから、地元の人や一部の人しか知らないマイナーなお祭りまでその中からいつかを紹介。
福岡の史跡
福岡の歴史的に重要な場所や建物など、現在史跡として残っているものをピックアップしてみました。福岡の観光や歴史の調査などにお役立てください。